世界中で数千年前からから伝わる腰痛治療

「世界中で数千年前からから伝わる腰痛治療」と聞いて、あなたはどんな方法だと思いますか?もし気になったら、ぜひ最後まで読んでくださいね。

この題名を見ると、人間は数千年前から腰痛に悩まされていたということがわかります。大昔の人も腰痛に悩まされていたのかと思うと、なんだか大昔の人達に親近感が湧きますね。それと同時に、大昔にはどんな風に腰痛の治療をしていのかも、とても気になりますね。

世界中で数千年前からから伝わる腰痛治療、それは吸い玉です。カッピングとも呼ばれています。吸い玉とは丸い玉を真空にして、それを患部に吸い付ける治療法です。数千年前のギリシアやメソポタミアで行われていました。中国でも時期はわかりませんが、かなり昔から行われており、中国の伝統医療の1つとして現代まで伝わっています。

吸い玉は、血液の循環を良くする効果があります。吸い玉で吸い付けられた箇所は内出血が起きます。これは身体の中の悪い血や老廃物や毒素が身体の中に出ているからです。この内出血が黒ければ黒いほど、その部分が悪いと言われます。腰痛の原因の1つには血行不良があります。吸い玉は血行を良くする効果があるので、血行が良くなることで腰痛が改善されます。

また、吸い玉で吸い付けられることで、筋肉も同時にほぐれますので、マッサージを受けた後の様に気落ち良くなります。

吸い玉は血行を良くして筋肉をほぐす効果があるので、もちろん、肩こりにも効きますし、仕事や運動の疲労解消にも効きます。

さらに、血行を良くして老廃物を排出するというデトックス効果により、美容にも効果があります。腰痛の治療を受けながら、同時に美容にも効果があるなんて、女性にはお勧めですね。

吸い玉は受ければすぐに治るというものではありませんので、定期的に行うことになります。もしあなたが今までの腰痛治療だけで腰痛が改善されていないのであれば、ぜひこの数千年前から洋の東西を問わず世界中で行われ、そして現代にまで伝わって来た吸い玉を受けてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です