腰痛で本当につらい目にあった時の事

腰痛のきっかけは、1週間前に10回だけ腹筋をしたからかもしれません。
調子にのって、つるつるすべる床の上で、適当に腹筋をして力を身体に込めてしまったのです。
もともと背中や首や腰が弱いので、腹筋をつけるしかないと思い、ジム通いをしていましたが、どうも身体全体に負担がかかってきた…。
私には、私のペースに合った、ヨガや体操が一番良いのだろうと実感して体操をしていたのですが、ついでに腹筋をしてしまったのです。

その5日後に、なんとなく腰が痛くなってきて、続いて激痛が襲ったのです。
いわゆるぎっくり腰なのかもしれませんが、ぎくっとしたきっかけではないので、何が原因なのか、すぐには気づきませんでした。

でも、思い返してみると、数年前に、突然腰の痛みが襲って、どんどん歩けなくなってきて、いわゆるぎっくり腰状態になったことがありました。
その時に、近所のハリ治療院へやっとの思いでいきました。
そこのハリ治療院の評判などは全く知らなかったのですが、もうどこでも頼るしかないと必死で、飛び込みでいったわけです。
すると、その先生が、数日前までさかのぼって、どんな運動をしたとか、何かぶつけたとか、ぎっくり腰になるようなきっかけはありますかと質問したのです。
そういえば、その5日前ほどに、腕立て伏せを、またつるつるの床の上で不完全な感じでやった…と思い出したのです。
きっとその時も、そのような中途半端な運動が、腰に負担をかけ、数日たって腰痛の原因になっているのだろうと先生が言いました。

などほど、自分では腰痛の原因がすぐに気づかなくても、数日前までさかのぼると、腰痛の原因と思われる事象が思い出されてくるのです。

その時はハリ治療で、とりあえずは歩いて帰れるようになりました。
その先生は初めてだったのですが、よく治療してくれたのでしょう。
でも、治療院があまり清潔ではなかったので、1回だけでやめました。
今回の腰痛に関しても、同じハリ治療院へ行くことはなく、以前通っていたハリ治療院を頼ることにしました。
ぎっくり腰にはハリ治療が一発で治るという認識を持っているので、すがるような気持ちでいきました。

ところが、この信頼しているハリ治療院でも、私の腰痛は全く良くならず、帰宅してからかえって悪くなってしまったのです。

もう何も信じられない…。
そして、とくに、とても腰痛が痛む時は、本当にしばらく安静にしていた方が良いのかもしれません。
ハリ治療はもちろん効果はあるのでしょうけれど、あまりにも痛む時にハリをすると、余計に悪くなることがあるのかもしれません。

とにかく、腰痛が原因をつきとめて、その原因になることを絶対に避ける、ということは予防にとって大切なことだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です