ぎっくり腰から学んだこと-腰痛とうまく付き合っていくために

ぎっくり腰になったことがあります。
それまでは腰痛の自覚がなかったので、急になるものかと驚きました。きっかけはくしゃみをしたときに、前かがみになったことでした。
近くの病院に行くと、コルセットを購入するように言われ、2日くらい横になって過ごした後、コルセットをはめて会社に行きました。前かがみになっていないと激痛が走るため、同僚には「おばあちゃん、大丈夫?」なんてからかわれてしまいました。
寝るときもつらく、なかなか良くならなかったため、同僚がよい整体の先生を紹介してくれました。その先生のところに行くと、少し触っただけで終わりと言われ、びっくりしたのですが確かに楽になっているように感じました。私が数日前かがみになって生活してしまったため、回復に時間はかかるけれど、再発はしにくくなるとのことでした。実際、ぎっくり腰で病院に行ったことは、それ以来ありません。2週間もたったらほとんど普通に生活できるようになりました。私はその先生のことを今でも「仙人」と呼び、感謝を込めて尊敬しています。
ここ1年くらい、重い荷物を持って外出した時、特に電車の座席に座っていて立ち上がろうとするとき、ぎっくり腰のような腰痛が走るようになってしまいました。もともと姿勢が悪いとか猫背とか言われるし、荷物を右肩に持ってしまう癖があるので、体のバランスが悪いのかなと考えています。リラクゼーションの施設に行くと、そういうことをよく指摘されたりもします。ぎっくり腰で寝込んで苦しんだ時のことを思い出し、そういう時は悪化させないように休み、落ち着いてからゆっくり歩くようにしています。
最初に行った病院の先生によると、ぎっくり腰は、腹筋と背筋を鍛えるとある程度防げるのだそうです。私は普段あまり運動をしないので、せめてウォーキングをしたり、ときどきストレッチをしたりしています。体を支える腰を痛めると、本当に日常生活がままならなくなるということを知ったので、気を付けて生活していきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です